たまおの たまたま日記

波川さんを作ろう その4  

いよいよマスキングに入ります

何がめんどくせぇっておにゃの子フィギュアに付き物のこのマスキング作業が一番のメインです。

時短の為、たまお流手抜きマスキングで行きますので時間のある人はゆっくり丁寧におこなってくださいね。

まずはカットシートにマスキングテープ貼り適度な幅長さでカッターで切れ目を入れときます。

これをマスキングするところにピンセットではがしチマチマ貼っていきます。

これ、塗料が隙間漏れする恐れがあるのでリスクデカイですが後から修正根性でどんどん進めていきます

masu3.jpg

この後銃の部分はガイアカラーのスターライトシルバーを吹きました。

そのほかのパーツも同じようにマスキングして吹き付けます。

masu1.jpg

こんな感じ。

masu2.jpg

この先シールを剥がすのが怖いですが勇気をもって剥がします。

masu4.jpg

なんとか成功! この後クリアーブラックを使って影になるところにそっとシャドウを入れときます。  

そして後は細かいところを面相筆で修正して行きます。

ベースはとりあえず黒に塗っときました。  今日はこれで終了!!

WF用当日版権の原型もとりあえず終わって申請出しましたのであとは判定を待つだけになりました。

すんなり通るといいんだけど・・・

いまハトポッポの原型作ってます(笑)




波川さんを作ろう その3  

WF用原型進めながら波川さん少しずつ進めていきます!

では塗装に入ります! まずは黒っぽい色から。

ボデイは普通にブラックのつや消しの黒とふつうの黒を混ぜて塗りました。

頭の部分は多少変化を付けたいので黒にレッドブラウンを少々まぜた物で吹きます。

nn11.jpg

次は腕と下半身!

スチール写真などを見ると明るいグレーで少し光って見えるものがあるので今回少し遊んで見ます!

ミスターカラーの305と307のグレーを混ぜて少し明るめにします。

その上からクリスタルカラーのサファイアブルーをフワァ~って感じに吹きました。(至近距離からの吹きすぎに注意しましょう。)

nn12.jpg

では顔塗りましょう。

最初に111番のキャラクタフレッシュを薄く下地の成型色を塗りつぶさない程度に機よりを置いてまたフワァ~って感じで
吹きます

その後112番のピンクが強いキャラクターフレッシュで目元口元に少しだけ赤みを入れてその後にクリアーオレンジのしゃぶしゃぶに薄めたもので肌色を調整します。

おでこや首の陰影の部分もこの色少々で陰影を付けましょう。

nn13.jpg

肌色の部分は好みで塗ってくださいね♪

では今日はここまで!  






波川さんを作ろう その2  


すみません。 波川さん、ナメてました!2人同時に作ろうなんて結構大変です!

と愚痴をいいながらチマチマ進めていきます

今日はX星人の謎の銃について・・・

実は実際は銃のところにキットのパーツには無い棒状のものが付いてます

これは複製の時の形状やコスト削減のために省いてあります

別に無くてもよいとは思いますが簡単な作業ですのでこだわる人は加工して付けてください。

たもおも今回作成してみます。

nn4.jpg

銃の画像の場所に加工ようの印があります。

ここに穴を開けてアルミ線かプラ棒などを曲げて作ってください

nn1.jpg

たまおは1.2mmの針金があったのでこれで作りました。

nn2.jpg

これで銃の部分はおしまい!

次は下地塗装に入ります。

今回もサフは密着性の強い透明のミッチャクロンを使います(日曜大工などでスプレー缶の物も売ってます)

nn3.jpg

これを全部のパーツに吹き付けて乾燥を待ちます

今回はここまで! 次回塗装に入ります。

WF当日版権用原型がまだ終わってないのでそっちもやらなきゃ! あせる・・・



波川さんを作ろう その1  


na1-1.jpg


あれま! ふだん怪獣しか作らないのに思わず波川さんの誘惑に負けて 買っちまった!・・・

そんな人や おにゃのこフィギュアあんまり作ったことないなぁ~などの方! たまおも一緒です!

塗装見本は波川さんの原型作ったイマージュのしなの君に塗ってもらったのであれほどはうまく塗れませんが

初心者向けではありますが、たまおと一緒にゆっくり時間をかけて作ってみませんか? 気合と根性と愛があればたぶん作れると思います。 頑張りましょう!

ではまずパーツの確認をしましょう。

na1.jpg

今回たまおは西川先生の分と自分のちょっとやってみたい塗装の分で2人つくります。

パーツが揃っていたらまずはパーラインのペーパーがけから始めます。

na3.jpg

たまおの場合220番と400番を使って(これは各自好みで)ラインのところは220番の荒い方で削りながら消していきます。

na2.jpg

パーツのラインの中(膝や肘の部分の線の中)はカッターなどで段差を取り除いてください!

そしてパーラインを消したら400番~600番ぐらいので全部の表面の部分を軽く研いであげてください。

これはフィギュアの場合表面がツルツルなので塗装が食いつくように表面を一枚はがす感じで行います

ここで削り過ぎは要注意です!とくにおしりと胸はこすり過ぎてしまいがちなので(笑)やさしくなでるようにしてくださいね。

ペーパーがけ作業が終わったら熱湯の中に中性洗剤とクレンザーを入れて少し着けておいてから歯ブラシやたわしなどで

ゴシゴシ洗って油分を取り除いてください!

na5.jpg

洗い終わりましたら1mm位の真鍮線で補強しながら仮組みしていきます。

na4.jpg

ハイ!ここまでで半日費やしてしまいましたので今日の作業はここまで!

また次回頑張りましょう!

は~ぁ忙しい忙しい・・・







発売中!  

通販開始しました!

kiriyuhp.jpg

namikawahp.jpg

goromosuhp.jpg

ご注文はホームページから宜しくお願い致します。

▲Page top